進退窮まった同人作家の雑記

お知らせ

このブログはただの日記帳になりました。
同人サークルいずみ学園の情報はこちらからどうぞ↓
ツイッター:https://twitter.com/school_izumi
サイト:http://izumigakuen.x.fc2.com/index.html
Pixiv:https://pixiv.me/schoolizumi

進退

このブログも「進退窮まった同人作家の雑記」になって
進退窮まってるんですけども

漫画もう描けないのか、まだ描けるのか、問われれば
描ける
んですけども
体力的な問題なのか精神的な問題なのかわからないけど
以前なら1日で終わる量の作業に2~3日くらいかかってて
体が思うように動かない

不思議現象とか

今住んでるアパートに引っ越してきて8ヶ月ほど経ちまして。

ここ隣が無人の神社というかお社があって
台所の窓開けるとすぐ鳥居がある
という立地なんですけど

元々オカルトは好きなんです
ネットでも怖い話系よく読みますし趣味なんですけども
なんというか99%信じてないというか
創作として面白いなぁといった感じで特に信心深い方ではなかったんですけども

こういう立地のアパートに住んでるせいか最近ちょっと信心深くなりまして

別に特定の宗教にはまったとかそんなんじゃないんですけども

入居したときからわりと不思議現象起こったりしてて

半分くらいは気のせいとか偶然で何とか説明できる現象だけど
もう半分はちょっとそれでは説明できないというか
物理現象なんだけどどう考えても人間の仕業じゃないというか
仮に人間の仕業だとしても、誰が?何の為に??といったことが起こる。

あまりにも目に見えるというか知覚出来る現象なので、最初は不思議現象だとは思わないんですよ
よくよく考えると、おかしいなとか

まぁそんな頻繁には発生しないですけど
信心深くならざるを得ない

記事整理

ざーっと過去日記読んで、日記的なものを公開にしました。

昔の日記読んでたら
不眠症、結構10年前くらいから発症してるっぽい

この10年で相当、脳にダメージ受けたんじゃないかと思われる
今はもう自然に眠くなることがなくなりました
もうあきらめて睡眠薬飲んで寝てます。

眠くならないけどずっと起きてると眠気の変わりに頭痛がくるので
無理やりにでも寝なくてはならない。

ブログ改造中

このブログいろいろ改造中です。
タイトルも「進退窮まった同人作家の雑記」にしてみましたけど
別に正体を隠すつもりは全然ないから普通に作品リンクとかも貼ります。

完全に正体を隠してアノニマスダイアリー的にしても良かった
僕がツイッターとかで告知しなければ
このブログを見てるのは僕の他には2~3人なんです。
誰なのかはわからないです。
ただの通りすがりの人かもしれないけど
いつも見てくれてありがとう。

正直自分でもこのブログをどうしたいのかよくわからなくて
ツイッターピクシブサークルサイトとどう差別化して良いのかわからない
差別化するものなのかもよくわからない
何もかもがわからない。

漫画は描いてる。
描いてるけど体力的なものなのか精神的なものなのかわからないけど
前みたいに量産することが出来なくなった。
生きるために描く作業はとてもつらい
出来上がる漫画は面白い(エロい)と自分では思ってるけど、実際面白いのかわからない。

以前の記事は削除したわけではなくて整理中。
今の自分が読んで、「ちょっと言ってることがよくわからない」って感じなのでほぼ非公開にしてます。
表現規制の話とかは僕だけの問題ではないので残してます。

なんだかわからないことだらけですまぬ

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
2017年ですか。

昨年はいろいろありましてね、全然漫画描けなくて大変だったわけですけども
何気に作家生命の危機な年というか
全然作品出してなかったから誰が見ても危機でしたね。
まあ年も明けましたし、気分を新たにですね2017年迎えたいですね。

そうそう、作家という言葉を使いましたけど
9月に引越しをしたので税務署に事務所(兼自宅)移転の手続きしにいった時に
職員の方に「職種、漫画家で書きましたけどいいですかね?(震え声)」みたいに聞いたら
漫画家じゃなかったら何なんですかとか言われてしまったので
税務署的には漫画家で良いらしいです。

てか僕自身古い人間だから、自分が思い描いていた漫画家イメージと自分がかけ離れすぎてて
漫画家と名乗ることに抵抗があるのは事実なのだけど
よくよく考えると「漫画家」と名乗ると面倒ごとに巻き込まれる率が上がるだけで特に良いことなんて何もない事に気付いたので積極的には名乗らない方が良いですね(今更!)
ただ、お役所系相手のときは相手を混乱させるだけなので堂々と名乗ることにします。

話を元に戻すと
昨年は作家生命の危機だったという話で
筆を折ることを何度も考えたと、以前の記事でも書きましたが
とりあえず販売代理店の営業さんも頑張ってくれてるし
やれるうちはやるのがよかろう と、そんな感じで落ち着きました。

今年も何卒よろしくお願いいたします。