進退窮まった同人作家の雑記

お知らせ

このブログはただの日記帳になりました。
同人サークルいずみ学園の情報はこちらからどうぞ↓
ツイッター:https://twitter.com/school_izumi
サイト:http://izumigakuen.x.fc2.com/index.html
Pixiv:https://pixiv.me/schoolizumi
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トミエちゃん

2005/01/21(Fri)

なんか書く事がないので『富江』が如何に面白いのかを説明することにしよう
私は富江シリーズを全部持っているわけではないのだが
私が持っている中では『養女』『暗殺』『小指』この3つのエピソードが秀逸である
この3つのエピソードの頃にはおそらく作者の富江愛がMAX状態と思われ富江は悪役ではないし、ホラーなのかどうかすら怪しい

まず『養女』のエピソードでは
富江が子供が出来なかった金持ち老夫婦の元に遺産目当てで養女としてやってくるのだが
例によってフォアグラが食べたぁいとかダイヤの指輪買ってぇんとかわがまま放題で
老夫婦は突然絶世の美少女が娘になってくれてそりゃ甘やかし放題です
富江の方もドレスを買ってもらって大喜びで、そのドレスを着て「お庭で遊んでもいい?」などととてもかわいらしい台詞を吐き
ランラン♪と声に出してはしゃいだりしてるわけですよ
非常に素直に老夫婦の甘やかしを甘んじて受けソレに対しあくまでも素の状態で喜んで見せるわけです
これほど子供のいない老夫婦にとって嬉しいことは無く、富江も大好きなフォアグラをお腹いっぱい食べられて
見てるこっちが微笑んでしまうくらいハートフルストーリーになっています

『暗殺』ではもう突っ込みどころが満載で
まずある普通の青年が顔だけ状態の富江を拾って帰るのだが(この時点で青年は非常に迷惑そう)
いきなり貧乏アパートに1人暮らしの青年に対しキャビアやフォアグラを要求(顔だけ状態のくせに)
さすがに「無茶言うなよ…」とか突っ込まれてます
しかも顔だけ状態のくせに「街に出たい!」とか言い出して青年を困らせたりし、青年も青年で風呂敷で富江をつつみしっかり街に連れてってやるところがまたいじらしい
極め付けが生首状態にまで成長した富江はなぜか、好んで常に小さいごみ箱の中に入っており
そこから青年にあれこれこうしろああしろ言ってるわけだけど
ごみ箱から顔だけ出して得意げな表情をしている富江がso cute!である
そして富江をおっかけてきた別の男に「なんでそんなトコに入ってるんスか?」などとしっかりつっこまれているところがポイント高い

『小指』では話すと長くなるので割愛するが
指状態から"富江"になりかけの富江×4とブ男が洞穴でしばらく一緒に生活する話なんだけど
男のことをブ男ブ男バカにする割にはしっかりブ男をかまっている富江が印象的だ
指状態からすっかり"富江"状態になった時のブ男に対する台詞が
「ほら見て見て!すっかりきれいになったでしょう?新陳代謝のおかげよね!」
"指"のみの状態から五体満足の状態に復活した現象を"新陳代謝"と言ってのける富江
本人はホントに新陳代謝だと思っているあたりが非常にバカっぽくてかわいい

なんつーか
思ったことをなんでも発言してしまったり
おつむがちょっと足りなかったり
自分の欲望に非常に正直であるところがイイんだね
多分伊藤潤二の理想の女性像なんだろうけど
すごい共感できてしまう
悪女マニアだから

スポンサーサイト

富江大好き!

2005/01/18(Tue)

男「と、富江!?…先週死んだはずじゃ…」
富『そんなことどうでもいいわ!私お腹空いてるの!キャビアとかフォアグラとかないの!?』
男「えっ!?えっ!?……うん」

であり、伊藤潤二は天才だ
すくーるいずみです

※富江
【伊藤潤二】作
死んでも死んでも生き返る謎の美少女
自称世界一かわいい、超わがまま

富江は甚だ迷惑な妖怪であることに違いは無いが
なんか憎めないよね
超わがままだが、あれくらいのわがままはざらにいるからね
なにせ俺の…あqswでfrgtyふじこlp
要するに不死身だということ以外、普通の女の子の枠を出ていないのだ
富江の主観といえば、男にちやほやされたいとか、フォアグラが食べたいとかそんなんばっかりで
不死身の妖怪にしてはその野望が非常にかわいらしい

彼女にのめりこんだ男は彼女の魔力?によって必ず彼女を殺してしまいたい衝動に駆られてしまうのだが
それは彼女が意識してそうさせているわけではないので
彼女に言わせれば、なんだか良くわからないけど自分がかわいいからそうなるのだろう…であり
生き返ることについても、それは自分がかわいいからなんだろうなぁ…くらいの認識しかないはずだ
唯一の悩みが、バラバラにされた時、そのパーツごとに自分が生えてきてしまうものだから
世界一可愛いはずの自分が世界にいっぱい存在してしまうことであり
彼女が殺意をいだく対象は他の自分のみというのも趣深い
富江自身の台詞からもわかるように、自分が生き返ることなんてのは本当にどうでもよくて
要はその日フォアグラが食べられるかどうかが彼女の中では重要なのである
かわゆいね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。