進退窮まった同人作家の雑記

お知らせ

このブログはただの日記帳になりました。
同人サークルいずみ学園の情報はこちらからどうぞ↓
ツイッター:https://twitter.com/school_izumi
サイト:http://izumigakuen.x.fc2.com/index.html
Pixiv:https://pixiv.me/schoolizumi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現規制の本質

昨日、朝起きてブラウザ立ち上げてこのブログ開こうと思ったら

【閲覧するには管理者が設定したパスワードを入力する必要があります】
とか言われましてですね、管理者なのに

これは変だなと思ってメール確認したら
FC2事務局の方から
「獣姦画像が規約違反にあたるから閲覧制限した」
的なこと言われまして

もーしょうがないんで獣姦関連記事全削除で
なんとかお許しいただいたわけなんですが
表現規制に敏感なワタクシとしては思うところあるわけですよ

ロリ表現とかが規制厳しいってのはもうかなり有名な話ですけど
獣姦表現もわりと厳しいんですよね
DMMとか獣姦作品取り扱ってくれないですしね

何故獣姦表現がダメなのか、何か法的な根拠があるのかと問われれば
そんなものないんですけど
法的根拠とかは規制したい側にとっての武器(大儀名分)の一つでしかなくて
結局の所、表現規制されるされないってのは
規制したい側 vs 表現者(及び視聴者) のパワーバランスなわけです

二次元ロリ系は依然として規制派が優位ではあるけど
なんとか首の皮一枚、抵抗可能なパワーバランスを保ててるんですけど
獣姦表現とかになるともう、圧倒的にパワーバランスに差がありすぎて
規制したい側が武器を用意するまでもなく一方的に規制が進んでしまうわけです

自分が知る限り、一応の理屈は動物愛護的な見地からだったと思いますが
「絵」にその理屈を当てはめるのは間違ってると思うわけですよ

てか間違ってんですよ
少なくとも表現の自由というものが憲法で保障されてる日本においては
(FC2は確かサーバーがアメリカにある)

ただ、いくら間違ってると叫んだ所で現状どうにもならんわけで
獣姦系の記事は全削除しました。

別にFC2を恨んだりはしてないんです
正直、FC2もDMMも本当はどうでもいいと思ってる筈なんです
ただ獣姦に関して規制したい側、される側のパワーバランスが圧倒的に差がありすぎて
いくらむちゃくちゃな理屈であっても前者を無視することが出来ないわけです

ついでだから要点繰り返し書いときますけど
児ポ法なりなんなり
表現規制ってのは”嫌悪”という感情をベースとした排斥・差別意識というのが本質なわけです
わりと本能に近い感情であるので、仮に表現規制禁止法的なものが出来たとしても
表現規制は公然と行われる
”いじめ”がなくならない理屈と同じ
どうすりゃいいのかと問われれば
攻(規制)守(規制反対)のパワーバランスを保つことが重要なんだと思います

正直、こういう事書くのも愚痴っぽくて嫌なんですけども
おそらくこの記事を読んで、憤りを感じてくれる方もいると思うんです
そういう人が一人でも増えてくれることで先述のパワーバランスが僅かではあっても健全な方向に向かってくれると願っております。

スポンサーサイト

2050年、娼婦はロボットだけになる?

2050年、娼婦はロボットだけになる?

なにやらツイッターで表題の記事が回ってきたので読んでみまして
途中までは、ふむふむ結構な未来像ではないですか等と感心して読んでたんですが
3ページ目あたりで気になる事が書いてあったので紹介します。

--------------
ロボットセックスの浸透した2050年においても、ペドフィリアの顧客たちは未成年者を性的に搾取するために莫大な金額を支払いたいと考え続けるだろう。人々が子どものセックスボットを製造し、政府がこれを使用することを認可しでもしないかぎり(そのようなことはありえないだろうが)。
--------------

短い文章だけどさらに要約すれば

『子供のセックスボットを製造して、政府がそれを認可すれば児童虐待が無くなる』

と言っていて

『ありえない(認可するわけないだろバカ!)』 と締めてる。

ありえない(認可しない)理由はなんだろうか??


一応、この人の言い分としてはこうです
「そういうサービスを求める人間は性的刺激を求めてるのではなく"退廃"を求めているから。」

(一時的にでも)退廃を求める人間は悪でなければならないぃぃ!と言うことですかね。

んで最終的には
「不気味の谷を越えられないからそもそもロボットセックス産業など興らない。」
で締めくくってる。

なんだか非常にがっかりですw

まぁおそらくこの人はセックス産業そのものが大嫌いなんだろうなぁという印象。
キリ○ト教的に非常に信仰心の強い人物なんだなぁと。


先述の『子供セックスボット』に関しては
個人的には「ありえないことはない」と思います。
"退廃"を求めるのが本質だとするなら、"性犯罪0"にはならないだろうけど、
少なくともエロマンガ規制するよりは性犯罪削減に効果はあると思うし、
これを倫理的に問題があるとか言っちゃう人の方に問題があると思いますよ。
自分らの宗教的思想に合致しないと言う理由で、現実の被害を野放しにするようなもんです。

児童ポルノ禁止法改正案、自・公が今国会提出3

昨日、民主党で法務部門会議があり、標題の法案に関しては
自・公案に乗らない方針が打ち出されました。

以下、ツイッターでの速報
---------
http://twitter.com/#!/NakamuraTetsuji/status/83442317452787712
児童ポルノについて衆議院選挙前に与野党協議が進んでいたのに野党は先祖返りした案を再提出してきた。私は当時法務省の政務官だったので議員立法について多くを発言できなかったが信義に反する姿勢だと憤慨した。WTできちんと議論できるようになったのは良かった。滝筆頭の決意に感謝。
---------
http://twitter.com/#!/NakamuraTetsuji/status/83466658806644736
児童ポルノ法改正野党案の問題は定義が不明確ということ。また創作物などのいわゆる二次元規制に繋がる可能性もある。野党時代の民主党案は懸念を解決する案であった。この点について私は一貫して「譲れない」と主張してきた。WTで議論できることになって良かった。
---------
http://twitter.com/#!/touch_tachibana/status/83449725973573632
法務部門会議で、意見し、児童ポルノ法案について、過去の修正案がもはや無効と確認しました。単独所持規制の野党案には乗らないことも。また民主党ワーキングチームで、改めて、従来の民主党単独法案をベースに、法案を作成していくこととなりました。多くのツィートありがとうございました。
---------
http://twitter.com/#!/kyonokimiko/status/83446276577951745
@tak_ppp 児童ポルノに関しては、自公提出法案をいつまでも棚ざらしにできない、という事で、俎上に上がりかかっているが、それは民主党提出法案ではないので、迎撃する法案について、これから、WTで取り扱う事に。単純所持で処罰の対象はありえない。恣意的運用の余地を残さない事が前提。
---------
WTって言うのはワーキングチームの略です

民主党グッジョブです。

民主党内ワーキングチームでこれからまた議論するので
今から陳情の手紙出しても有効なのでどしどし出しましょう
(絶対に脅迫的な内容で送らないでください、あくまで陳情です)

今回民主党が自・公案に乗らなかったポイントとしては
2年前にアレだけ紛糾し、修正に修正を重ねて妥協案を出し
これで合意しましょうかね・・・とお互い歩み寄った経緯が無視されているということ。

そもそも東日本大震災関連の法案を審議する場において
アレだけ議論した内容を、なかったことにして問題ありあり状態の元の原案を
そのまま出してきたこと。


児ポ法に関しては別に今始まったことではないので
ここ10年くらい規制推進派を観察してますけど
はっきり言って彼らは議論する気など持ち合わせていないわけで
自分達が悪と認めるものは絶対的に悪であるという某宗教的正義感が色濃く反映された集団です
はっきり言ってカルトですから
このような行動に出るのは予想できます。
十字軍とか魔女狩りとかやる心理です。

ただ重要な問題として
規制推進派がカルトだという実態は一般的に知られていませんので
民主党としては非常に風当たりが強いわけです。

民主党が表現規制に反対してくれているのは
別にそういう後ろ盾があるとか、支持母体の意向とかそんなんではないんです
ほぼ、理念だけで動いているので非常に危ういわけです。

自分もここで、こういう事態になったときは
陳情の手紙を出すよう訴えていますけど
それもそろそろ限界に近い気がします。

民主党にしてみれば陳情を出してくるこの人たちが
本当に支持者なのかいまいちよくわからないからです

ですので
もっと「表現規制に反対する人々=民主党支持者」なんだということを
民主党側に認識してもらう必要があります。

僕は民主党が表現規制反対に関してはきっちりと仕事してくれていることを
十分評価していますから、支持するに値する政党だと思いますけど
表現規制されては困るけど某参政権問題とかどうしても民主党は支持できない
という方もいらっしゃると思うんですよね

別にそれでもいいと思いますけど
大事なのは民主党側が「表現規制に反対する人々=民主党支持者」と思ってくれることが大事なので
陳情・抗議以外にも 激励 の手紙なんか出してあげてもいいんじゃないでしょうか。

僕は今回の民主党の方針決定は非常にありがたく思いましたので
暑中見舞いとしてゼリーの詰め合わせでも贈ろうかと思いますw
今月は少ないながらも一応DLsiteから入金がありましたので。

児童ポルノ禁止法改正案、自・公が今国会提出2

しつこいですけどまた書きます。
自分に出来ることは一人でも多くの人の目に晒すことと、抗議の手紙を書くことくらいですので。

まず、今国会は十中八九延長されると思います。
なぜなら東日本大震災復興がらみで成立させなくてはならない法案が山ほどあるからです。
一応、野党である自民党は民主党延命ともなる国会の会期延長には難色なそぶりを見せてますが
自民公明提出のこの法案(児ポ法改定)が出されていることから既に会期延長は決定事項だと思われます。
(大震災絡みの法案を審議するために延長する国会で
どさくさに紛れてこの法案を通してしまおうという腹がなんとも卑劣)

内容は2年前と全く変わっていません。

2年前と違うのは、内閣提出ではなく野党提出の議員立法である点。
この点から与党である民主党に否決されるだろうと楽観的に見る人も多いのではないかと思いますが
そもそも
2年前にこの法案は 否決されていません

↓2年前の時に書いた記事
児童ポルノ法修正協議打ち切り、廃案

麻生さんの最後っ屁で衆議院が解散された為、協議打ち切りで廃案になっただけで
否決されたわけではないんです。(ぶっちゃけ奇跡です。)

今回は表現規制に慎重な姿勢をみせる民主党が与党ですから
民主党が党議拘束をかけて否決すれば済む話ですけど
民主党が党議拘束をかけてコレを否決するという情報は今のところありませんし
そもそも2年前の時ですら党議拘束をかけていませんので
今回も党議拘束はかからないと見た方がよいです。

一応、この法案の危険箇所をおさらいしておきます。

------------
第二条 政府は、漫画、アニメーション、コンピュータを利用して作成された映像、外見上児童の姿態であると認められる児童以外の者の姿態を描写した写真等であって児童ポルノに類するもの(次項において「児童ポルノに類する漫画等」という。)と児童の権利を侵害する行為との関連性に関する調査研究を推進するとともに、インターネットを利用した児童ポルノに係る情報の閲覧等を制限するための措置(次項において「インターネットによる閲覧の制限」という。)に関する技術の開発の促進について十分な配慮をするものとする。

2 児童ポルノに類する漫画等の規制及びインターネットによる閲覧の制限については、この法律の施行後三年を目途として、前項に規定する調査研究及び技術の開発の状況等を勘案しつつ検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする。
------------

>漫画、アニメーション、コンピュータを利用して作成された映像
言わずもがな、創作物規制です。

>外見上児童の姿態であると認められる児童以外の者の姿態を描写した写真等であって児童ポルノに類するもの
要するに、セーラー服などを着た成人女性がモデルのAVです。

>児童の権利を侵害する行為との関連性に関する調査研究を推進する
現状、漫画やアニメ等が性犯罪を助長するというデータはないため、そういう根拠を作ってしまおうという腹です。
調査研究は誰が行うのか?
青少協みたいな極端に偏った思想の息がかかった機関に「研究の結果、漫画やアニメの影響により性犯罪が助長されました」とか言わせるんじゃないですかね
こういう口実を与えてはいけないわけです。

>インターネットを利用した児童ポルノに係る情報の閲覧等を制限するための措置
言わずもがな、インターネット閲覧規制です。

>この法律の施行後三年を目途として
三年なんてあっという間ですし、三年の間に捏造でもなんでもソレっぽい根拠をでっち上げることは可能でしょう
事実上、三年後からロリ漫画を単純所持してる人間を取り締まりますという宣言です。




記憶に新しい、東京都の非実在青少年の条例では石原都知事が

「描くなとは言ってない、子供の目に触れさせなくする為だ」

と繰り返し言ってましたが

児ポ法改定は

「描くな」

と明確に言ってるわけです。
ソレばかりか逮捕するとまで言ってるわけです。

都条例の時はだいぶ盛り上がりましたけど
都条例なんかよりこっちの方が100倍も1000倍も危険な法案です。

じゃあこの法案を潰すにはどうしたらいいのかといえば
民主党(与党)に党議拘束をかけてこの法案を否決するように促す為に
抗議の葉書を出すことです。
メールではなくて葉書がいいです。
同じ文章がコピペされたメールが何100通届いたって効果ないです。

内容は

・表現規制に繋りかねない法案である(表現の自由を侵害する)
・漫画やアニメの作り手が萎縮し、いまや基幹産業である漫画やアニメ業界全体の縮小に繋がる(国益を損なう)

あたりが押さえられていればいいと思います。
あざといところでは
・表現規制に慎重な民主党だから支持している。
とか付け加えとく良いかもしれません

送付先は民主党本部(〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1)がいいと思いますが
こちらのリストなんかも良いと思います。

【児ポ法改悪阻止】手紙を送るべきだと思われる議員の連絡先一覧(表現規制について少しだけ考えてみる(仮))

児童ポルノ禁止法改正案、自・公が今国会提出

今から寝ようと思ったのだけど、こんなニュースを目にしたので書いときます。

児童ポルノ禁止法改正案、自・公が今国会提出へ
--------------------------
画像を個人が取得して保管する「単純所持」の禁止が柱だ。法案提出は、今国会の会期延長の動きに伴って急浮上したもので、民主党も法案協議に応じ、合意に至れば賛成する方向だ。

 同法は、児童ポルノの提供や提供目的での所持は禁止しているが、画像や写真を個人DVDの記録媒体に保存するなどの「単純所持」は禁じていない。主要8か国(G8)で禁じていないのは日本とロシアだけで、国際社会からも批判がある。

 自公両党は与党時代の2008年、通常国会に単純所持を禁止する改正案を提出。異論のあった野党時代の民主党も、09年の通常国会で修正協議に応じた。この時は、単純所持を禁止し、違反すれば1年以下の懲役か100万円以下の罰金を科す規定を設けることでほぼ合意したが、同年の衆院解散で廃案となった。09年秋の政権交代後は目立った協議がなかったが、今国会の会期延長の流れに伴って公明党が再協議を呼びかけ、自民党が同調した。
(2011年6月20日03時04分 読売新聞)
--------------------------


2年前に廃案になったアレですが
またどさくさに紛れて出してきました。
新聞の記事では、単純所持に関してしか触れてませんが
当然、アニメや漫画へのスタンスについても2年前と変わってません。



第177回国会 議案の一覧
--------------------------
児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案

第二条 政府は、漫画、アニメーション、コンピュータを利用して作成された映像、外見上児童の姿態であると認められる児童以外の者の姿態を描写した写真等であって児童ポルノに類するもの(次項において「児童ポルノに類する漫画等」という。)と児童の権利を侵害する行為との関連性に関する調査研究を推進するとともに、インターネットを利用した児童ポルノに係る情報の閲覧等を制限するための措置(次項において「インターネットによる閲覧の制限」という。)に関する技術の開発の促進について十分な配慮をするものとする。

2 児童ポルノに類する漫画等の規制及びインターネットによる閲覧の制限については、この法律の施行後三年を目途として、前項に規定する調査研究及び技術の開発の状況等を勘案しつつ検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする。

 (風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の一部改正)
--------------------------


昔から何度も何度も言ってますけど
児童ポルノの単純所持 と 漫画・アニメ等の規制は全く別次元の話であって
一緒に括られてしまうのは非常におかしな話です。

一応、漫画・アニメは即取り締まり!というわけではなくて

>児童ポルノに類する漫画等の規制及びインターネットによる閲覧の制限については、この法律の施行後三年を目途として、前項に規定する調査研究及び技術の開発の状況等を勘案しつつ検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする。

とありますけど、その"調査研究"とやらは誰が行うのか、勘案するのは誰なのか 一切不明です
青少協ですかね。

青少協に関してはよく知らない方はここらへんを一読ください。
http://schoolizumi.blog97.fc2.com/blog-entry-597.html

本当に児童ポルノの単純所持禁止がメインだというなら
第二条は丸ごと必要ないはず

要するに、(ロリ系の)漫画やアニメの単純所持を取り締まる法律を目指してるということです。
一応括弧でロリ系と書きましたが見る人の主観によってどうにでも拡大解釈できるところがミソです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。