進退窮まった同人作家の雑記

お知らせ

このブログはただの日記帳になりました。
同人サークルいずみ学園の情報はこちらからどうぞ↓
ツイッター:https://twitter.com/school_izumi
サイト:http://izumigakuen.x.fc2.com/index.html
Pixiv:https://pixiv.me/schoolizumi
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越しを考える

アレです
山奥に住み始めて約半年たちまして
ずっと入院してた父親も退院しまして
送迎とかしなくていいので、そろそろ山奥脱出を図りたい
本当はこのまま山奥で漫画描いて、家賃かからない分お金貯めるつもりでいたんだけども
なんか自分のせいで両親が地域のコミュニティから村八分されてるくさい
傍から見れば私、勤めに出てませんから、あそこの息子はなんなんだ!ニートか!と思われてるくさい
一応、(エロ)漫画でお金稼いでて、すねかじってるわけではないんだけども
やってることが先進的すぎて山奥の現地民には理解できないのも致し方ないことかもしれん
まぁこんな調子で自分が嫌われるのは慣れてるんだけども
それが家族全員に降りかかるのはちょっと慣れたくないというか申し訳ないので、出て行ったほうがいいのかと思って

アレですよ、具体的にはどんなことされるのかとか興味ある人もいると思うのでかきますけど
うちの近くに温泉があって地域の世帯は温泉入りたい放題なんだよって話は前にしましたでしょ
それをうちの家族だけ有料にするとか
んもーなにこの陰湿さ
別にね私自身、そこまで温泉好きじゃないんですけども、おそらく両親はショックだろう
明らかに私が得体の知れない挙動がおかしい人間だからそんなことになってるんですけども
両親はそれを隠して「あの温泉も不況だから・・・」とか言うの!
いたたまれない

正直、死ねばいいとおもったわ
そんな前時代的なコミュニティーは滅んでしまえ
津山三十人殺しとか起こるわけだよ

スポンサーサイト

伊藤潤二熱再燃

アレです
昔からこの日記読んでる人は知ってると思いますけど
私、伊藤潤二が好きで好きで

【↓過去日記】
http://schoolizumi.blog97.fc2.com/blog-entry-196.html
http://schoolizumi.blog97.fc2.com/blog-entry-197.html

最近コレ買いまして
51JEV7H8KCSS500.jpg
伊藤潤二のネコ漫画!
元々伊藤潤二好きな上にネコですよ!
そりゃ買いましたよ
伊藤潤二ってアレだろ「富江」とか「うずまき」とかのホラー漫画家だろって?
うん、日本を代表するホラー漫画家ですけど
たまにホラーのフリしてギャグ漫画描いたりするから侮れない
富江とか冗談抜きで半分ギャグ漫画だと思いますよ
双一は完全にギャグ漫画だし
んでこのネコ漫画も思いっきりギャグ漫画です
yonmu.jpg
こんな感じですよ
おもしろすw
相変わらずウンコネタとかあったりして期待に答える男だよ

てなわけで
潤二熱が再燃してたのでこんな漫画描いてみた
tomie_20090325203657.jpg
久しぶりにモノクロ原稿描いた
潤二絵むずすぐるー><

そうそう、なんだかピクシブっていうのが流行ってるらしいので登録してみますた
ピクシブ
ユーザー数700000とか=3
日本は潜在漫画描き人口多すぎですよ
本物も混ざってるんだろうけど

国際的な変態

アレです、私セカンドライフやっててですね
たまに、日本好きの外人さんと交流したりするんですが
先日、漫画学校に通っているというスペイン人とお知り合いになってですね
私セカンドライフ上では、エロ絵描いてるよとかあまり積極的にアピールしてないんですけどもね
ほら、海外だし、すくなくともizumi Schnyderさんとしては。
そのスペイン人さんは間接的に私がエロ漫画描いてるのをお知りになりまして

You are an excellent HENTAI !

とか言ってきて、なんかちょっと素直に喜べない感じではあるのだけど
皆さんご存知だとは思いますが、向こうで言う"HETAI"はエロ漫画とかの総称である場合が多いので
とりあえずThank you ^^と言っときました

んでひょんなことからLoliconの話になってですね
一応説明しときますけど、これも日本語のロリコンとはちょっと意味が違ってまして
日本語でロリコンだと女児が好きな"人"を指すのに対して
Loliconはロリロリした2次元媒体の総称である場合が多いです(人を指す場合もあるだろうけど大体はモノを指してる)
ちなみに日本語で言うロリコンは向こうでは何のなのかというと
pedoとかraperとか直球で犯罪者扱いです
んで

A person doing a crime is bad, a creator is not bad だよ
うん I think so です

だとか話しててですね
そしたら彼が、昔スペインにIrina's worldっていうロリ絵サイトがあってね、よく遊びに行ってたけど
なくなっちゃって残念だ、なんて言ってきてですね
あれ?Irina's worldって聞いたことあるぞ・・・って思ってですね
よくよく思い出してみたら
「旧すくーるいずみのほーむぺーじ」で相互リンクしてたw
そういやあの人もスペイン人だったなぁ
記憶にある人はほとんどいないと思うけども
なんか流行の絵柄ではなくて、古きよきロリコンブームを髣髴とさせるような絵柄の人で
私もどちらかというとそういう趣向なので当時はよくメールのやり取りをしたものです
そうかなくなったのかぁ・・・残念だ
向こうは日本なんか比べものにならんくらい厳しいからなぁ
Irina's worldの管理人さんはLemmingさんて言うんだけど
そのセカンドライフのスペイン人からこの人の名前が出てきたときは
そりゃ懐かしいと思うと同時に世の中狭いなぁと思いました

セカンドライフのいいところとしては、昔から言ってますけど
こういう国境を感じないところが面白いと思うんですよ
同じ日本人でも似たようなことがあれば、世の中狭いなぁとか思うけど
それがWorld wideで起こってくるわけですから
面白いですよ

Izumi sensei !とか言われて
ちょっと照れくさいのだけども嬉しいものだわよ

西岸良平

アレですよ
父親とかおじいとか自分とかヌコとかがよく病院に行くんですが
病院待合室の本棚に『三丁目の夕日(廉価版)』が置いてある率が異常に高い
のでよく読みます

西岸良平(敬称略)は自分が生まれた頃から漫画を描いてるはずなので
相当お歳なんでしょうけども
あの絵柄のかわらなさっぷりは尊敬に値しますよ(かわいいし)

実は西岸良平作品とのファーストコンタクトはかなり古くてですね
おそらく物心付いてからはじめて読んだ漫画は西岸良平だと思う
実家にコレがあったもので
hayabusaya_net-img320x480-1236746683cjn3t561409.jpg
だもんで私にとっては西岸良平というと
ハートフルなノスタルジック漫画というよりも
おっぱいがいっぱいでよく人が死ぬ、なにやら不気味な漫画を描く人という印象がつよい
小さい頃は親に隠れてよく読んだものです

この漫画の主人公は売れない漫画描きで
血の繋がってない妹となんかラブラブちゅっちゅで
飼い猫(化け猫)にアシスタントさせるとか
そりゃあもうなかなかエキセントリックな内容でして
最近まで忘れてたけど
結構、自分の中で漫画家ってこんな感じなのかぁって刷り込まれてたような気がします
原点だね

てなわけで久しぶりに読み返してみようと思ったら
「捨てた」とか抜かすのでネットで注文した
なんかプレミアついてんじゃねーか><
くそう

そのうちこの絵柄マスターして同人誌描きたいなぁ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。