進退窮まった同人作家の雑記

お知らせ

このブログはただの日記帳になりました。
同人サークルいずみ学園の情報はこちらからどうぞ↓
ツイッター:https://twitter.com/school_izumi
サイト:http://izumigakuen.x.fc2.com/index.html
Pixiv:https://pixiv.me/schoolizumi

清少納言と紫式部 ~宮中古典文学に見る日本人の感性~(Part4)

つづき
Part1 Part2 Part3
ここまで清少納言と紫式部について書いてきましたが、実はそもそも2人に面識はないと見る説が一般的だったりします
なぜかというと
清少納言が使えた中宮定子の後釜の中宮彰子に使えたのが紫式部であるわけですが
定子は中宮位剥奪後まもなく死んでしまっているので
紫式部が宮中に入る頃に清少納言は宮中を去っている可能性が高く、要するに入れ替わりだと
そして清少納言が紫式部についての記述を全く残していないとの理由
他にもこの説を裏付ける根拠があるのかもしれないですけど
私は、2人、面識あったと思いますよ

中宮が入れ替わったのは事実だが、定子が死んだから清少納言が宮中を去る理由がない
アレです、武士じゃありませんから
普通に他の誰かに仕えて宮中に残った可能性もあるはずです
本人が書いてないだけで=3
定子に仕えてた頃よりは※ときめいたものではないでしょうが、清少納言だって貴族ですから何らかの形で宮中にとどまったはず(※ときめく≒寵愛を受ける,隆盛である,人生のピーク)
仮に宮中を去っていたとしても、プログラム的に定子→彰子に書き換わったわけではないのでブッキングしている時期が多少なりともあるはずなのです
紫式部について言及していないのは、文献が残っていないか、これまた書いていないだけなんじゃないか、むしろこっちの方が可能性高い
それに清少納言も紫式部も当時から結構な有名人ですから
狭い宮中において、紫式部が清少納言を知っていて、その逆がないとは考えられませんし
Part1で述べたような、紫式部の清少納言批判に見られるような細かな描写にいたっては
本人を知らなきゃかけないようなものですよ
面識のない人物をあそこまでコケおろせませんって=3

枕草子の半分、またはそのほとんどが定子没落もしくは死後
清少納言の回想であるといわれています
それはおそらく正解
定子早死にすぎますもん
そして定子死後の清少納言についてはやはりほとんど文献に記述がなく、その後どうなったのかは不明
紫式部が予見したとおり不幸だったんじゃないか、と見る説が一般的
もしかしたら紫式部は清少納言の不幸になるさまを見てあんなことを書いたのかもしれない
宮中にいなくなったからこそあんな悪口書けたのかもしれないね
当時、宮中からいなくなることは彼女たちから見れば死んだも同然でしょうし
なんて性格悪いのかしら=3

と、まぁここまで長々と書いてきましたが
私の書く文章ってのは内容が偏ってますので、あまつさえ間違った記述もあるかと思います
それこそ、紫式部に言わせれば
「したり顔にていみじうはべりける人」なわけです

生まれ変わりだからしょうがないよ=3(Part3参照)

終わり。

コメント

でも、二人の関係を見ると、ちょっと派遣OLさんの派閥争いみたいでちょっとなーとか思っちゃうわけですがw。

後ちなみに私は
末摘花もすきですが、六条のみやすどころ(漢字忘れ)のお話が好きです。
昼ドラにはまっちゃうタイプなのでw
>キキさん
 どもども~にゃんだか1000年前から全然かわってないなぁって感じで面白いですよね

 六条の御息所でしたかね
 年上!嫉妬!そして生霊w
 どろどろしてますよね~><
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://schoolizumi.blog97.fc2.com/tb.php/138-e10d5d9d