進退窮まった同人作家の雑記

お知らせ

このブログはただの日記帳になりました。
同人サークルいずみ学園の情報はこちらからどうぞ↓
ツイッター:https://twitter.com/school_izumi
サイト:http://izumigakuen.x.fc2.com/index.html
Pixiv:https://pixiv.me/schoolizumi

川田亜子自殺!

今日は0時近くまで会社にいた
さすがに徒歩5分でもいただけない><

というわけで川田亜子さん自殺ですよ
お昼にyahooニュース見てびっくりしましたよ
最近は全然TV見てませんでしたけど
川田さん好きでしたよ
利発そうで
しょっくだわぁ

ついこないだも自殺について語りましたけど
自殺の理由なんてのは本人にしかわからないわけですから
傍から見て自殺する理由なんてわかるわけないですよ
悩んでた悩んでたって
どれだけ悩んだら死ぬとかそういうもんでもないでしょうし
アレですかね

「ぼんやりとした不安」
芥川龍之介が遺書にそう表現したソレ

『誰もまだ自殺者自身の心理をありのままに書いたものはない……僕は君に送る最後の手紙の中に、はっきりこの心理を伝えたいと思っている。(中略)君は新聞の三面記事などに生活難とか、病苦とか、或は又精神的苦痛とか、いろいろの自殺の動機を発見するであろう。しかし僕の経験によれば、それは動機の全部ではない。のみならず大抵は動機に至る道程を示しているだけである。(中略)少くとも僕の場合は唯ぼんやりした不安である。何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安である。(或旧友へ送る手記)』

遺書を引用して不謹慎かもしれないが

『君は新聞の三面記事などに生活難とか、病苦とか、或は又精神的苦痛とか、いろいろの自殺の動機を発見するであろう。しかし僕の経験によれば、それは動機の全部ではない。のみならず大抵は動機に至る道程を示しているだけである。』

このくだりが好き
そう、第三者から見た動機や、本人が遺書として書いた動機があったとしてもだね
それは厳密には自殺する理由そのものではないんだよね
説明であって、道程を示しているだけに過ぎないわけですよ
私はコレといって自殺願望はないのだけど
なんとなく、それとなく
自分自身の存在
アイデンティティを保てなくなる状態がソレに近いのではないかと
思うわけで
人は何の目的のために存在しているのかとか
あらゆる手段をもって、考えれば考えるほど
行き着く先には
己の小ささ、無力さ、みすぼらしさ、汚さ、etcを思い知るわけです
きっかけはどうであれ
自分の存在に意味を見出せない状態を芥川さんは『ぼんやりとした不安』と
そう表現したのではないかと、思うわけです。
それは正確には"不安"ではないから
ぼんやりしてるわけです。

ご冥福を祈りますとかは
セレモニー的には必要だと思うけど
軽々しく言うもんじゃないから
こういったブログとかに書く言葉としては
あまり好きな言葉じゃない
ただ唯びっくりでしたと

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://schoolizumi.blog97.fc2.com/tb.php/259-c3e643bf