進退窮まった同人作家の雑記

お知らせ

このブログはただの日記帳になりました。
同人サークルいずみ学園の情報はこちらからどうぞ↓
ツイッター:https://twitter.com/school_izumi
サイト:http://izumigakuen.x.fc2.com/index.html
Pixiv:https://pixiv.me/schoolizumi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリスト教などに見られる文化的弾圧~児ポ問題について その1

陵辱系ゲームソフトに対する自主規制を決定、製造・販売が禁止に
昨今、いろんなところでコレが話題
「陵辱系ゲーム」がうんたら~という割には中身はロリコンが云々なのはさておき
本当はもうこんな馬鹿げたことには首を突っ込みたくないというのが本音だけど
少しでもこの規制というか外圧がいかにばかげていることであるか露出させるためになんか書いとく

なんで首を突っ込みたくないかというと、
普通にロリコンものの創作物を見て喜んでる人に対して「m9(^Д^)プギャー」なだけな問題ではなくてね
ソレを作る側の人間からしてみれば「死ね」と言われてるようなもので
私を含むHENTAI的な作品を作ってしかのみ生きていくすべがない人間がこの日本にどれだけいるんでしょうかね
別にそれで莫大な利益を上げるわけでもなく、結婚もせず子供も作らず自分ひとりを養うのにギリギリな金額を稼いで生きてるに人間にとって
現状の稼ぎぶちがなくなるということは
冗談抜きで"死ぬ"しかない
ロリコン的創作物が児童虐待を助長するとか、なんの根拠もない虐待防止を訴え
かわりにソレでしか生きていけない人間を確実に死に追いやる
非常におかしな話だ
だからこうやって規制反対を表明して
あとは"信じる"ことしかできない

今回の外圧もそうだけど、こういうアクションの背景には宗教的価値観(主にキリスト教)の押し付けというものが含まれている
そもそもキリスト教を代表とする唯一神を信仰対象とする宗教ってのはもともと"偶像"を作ることを禁止していたわけです
そこに生きる彼らにとっては偶像に対するイメージは遺伝子レベルで良い印象を持ってない
創作物に命を吹き込む(ように見える)行為は"神"の所業であって、タブーとされているわけです
とはいっても
キリスト教は今でこそ偶像禁止ではないし、何よりアニメ・漫画・ゲームといった二次元創作物は子供が喜ぶものなので
彼らが許容できるギリギリのラインが、非暴力で非性的な子供の教育に役立つとされるモノのみなわけです
根本的に、かの国で大人向け(性的なものに限らず)の創作物が日本のように育たないのはここに原因があるわけです

海外の人権団体とかフェミニストグループがいう、こういった作品が青少年にうんたら~という理屈は
何の根拠もない屁理屈にすぎず
宗教観レベルで"けしからんものはけしからん"という情念だけで動いている
あんたらの国でどうこういうのは勝手だけど
日本はキリスト教国ではないし、キリスト教的価値観を押し付けるのは甚だおかしな話で間違いなく文化的な弾圧である
考えてみればキリスト教の歴史は他文化を否定することで成り立ってきている歴史なわけですよ

そういやアグネスちゃんだって日本人じゃないし=3

続く

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://schoolizumi.blog97.fc2.com/tb.php/437-26decc6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。