進退窮まった同人作家の雑記

お知らせ

このブログはただの日記帳になりました。
同人サークルいずみ学園の情報はこちらからどうぞ↓
ツイッター:https://twitter.com/school_izumi
サイト:http://izumigakuen.x.fc2.com/index.html
Pixiv:https://pixiv.me/schoolizumi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現規制の本質

昨日、朝起きてブラウザ立ち上げてこのブログ開こうと思ったら

【閲覧するには管理者が設定したパスワードを入力する必要があります】
とか言われましてですね、管理者なのに

これは変だなと思ってメール確認したら
FC2事務局の方から
「獣姦画像が規約違反にあたるから閲覧制限した」
的なこと言われまして

もーしょうがないんで獣姦関連記事全削除で
なんとかお許しいただいたわけなんですが
表現規制に敏感なワタクシとしては思うところあるわけですよ

ロリ表現とかが規制厳しいってのはもうかなり有名な話ですけど
獣姦表現もわりと厳しいんですよね
DMMとか獣姦作品取り扱ってくれないですしね

何故獣姦表現がダメなのか、何か法的な根拠があるのかと問われれば
そんなものないんですけど
法的根拠とかは規制したい側にとっての武器(大儀名分)の一つでしかなくて
結局の所、表現規制されるされないってのは
規制したい側 vs 表現者(及び視聴者) のパワーバランスなわけです

二次元ロリ系は依然として規制派が優位ではあるけど
なんとか首の皮一枚、抵抗可能なパワーバランスを保ててるんですけど
獣姦表現とかになるともう、圧倒的にパワーバランスに差がありすぎて
規制したい側が武器を用意するまでもなく一方的に規制が進んでしまうわけです

自分が知る限り、一応の理屈は動物愛護的な見地からだったと思いますが
「絵」にその理屈を当てはめるのは間違ってると思うわけですよ

てか間違ってんですよ
少なくとも表現の自由というものが憲法で保障されてる日本においては
(FC2は確かサーバーがアメリカにある)

ただ、いくら間違ってると叫んだ所で現状どうにもならんわけで
獣姦系の記事は全削除しました。

別にFC2を恨んだりはしてないんです
正直、FC2もDMMも本当はどうでもいいと思ってる筈なんです
ただ獣姦に関して規制したい側、される側のパワーバランスが圧倒的に差がありすぎて
いくらむちゃくちゃな理屈であっても前者を無視することが出来ないわけです

ついでだから要点繰り返し書いときますけど
児ポ法なりなんなり
表現規制ってのは”嫌悪”という感情をベースとした排斥・差別意識というのが本質なわけです
わりと本能に近い感情であるので、仮に表現規制禁止法的なものが出来たとしても
表現規制は公然と行われる
”いじめ”がなくならない理屈と同じ
どうすりゃいいのかと問われれば
攻(規制)守(規制反対)のパワーバランスを保つことが重要なんだと思います

正直、こういう事書くのも愚痴っぽくて嫌なんですけども
おそらくこの記事を読んで、憤りを感じてくれる方もいると思うんです
そういう人が一人でも増えてくれることで先述のパワーバランスが僅かではあっても健全な方向に向かってくれると願っております。

コメント

アメリカの法律では性器丸出しはよくても、スカトロ、獣姦、炉性行、合意の無い性行為、これらのポルノはすべて逮捕だそうです。ですから、アメリカのポルノフィルムで「Oh! Yeeeeees!!」って叫ぶのは、「Noooooo!」と言えないので逆説的表現だそうです。日本のAVのように「いやっ! だめっ!」って言ったらダメなんですね。
>名無しさん
そうみたいですね
アニメ漫画文化に関しては日本の方が先進国なので、外国の見当違いな規制とか真似して欲しくないですね。
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://schoolizumi.blog97.fc2.com/tb.php/846-a4568c96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。